本校園芸科卒業後、建築の設備会社に就職され現場監督にまでなられた後、
一時、設備の仕事を離れてコピー屋の仕事も経験。
その後再び設備の仕事に就かれて独立。

現在は新築マンションの衛生設備を設営する職人の「一人親方」として活躍されています。

そんな中條君は、本校園芸科で今は亡き平尾先生の下、実家の道場から通学し
勉学と陸上に励まれましたが、在学当時の思い出を訪ねると「農場でできた『きゅうり』を持って
食堂に塩をもらいに行ったこと」だそうで、相変わらずの我々42回園芸科特有
「農場で出来た農産物を食べた」エピソードを披露してくれました。

また部活の陸上部でも活躍され、有高に「行ってよかった」と今の人生での大きな1ページになっているようでした。

私生活では平成19年にご結婚され、25歳と21歳の娘さんの良きパパとしてご家族と充実した日々を送られているご様子でした。

(執筆:古田尚紀)