三田の洋菓子 サント・アン店長 ~お仕事や子育てそして劇団活動も~  

                                       
 高校時代は可もなく不可もなく、普通の高校生でした。部活は放送部で、体育祭の時、コスプレの 実況をしたことをよく覚えています。あこがれの先輩を追いかけたりして、高校生らしい高校生でした。
 進学にも就職にも興味なく、高校2年生の時から所属していた劇団活動を、アルバイトをしながらすることに決定し、担任の岸田先生には驚かれましたが、両親の理解もあり実現しました。

19才の時からサント・アンでアルバイトとして入社し、劇団活動も応援していただきました。その後正社員としていただき、結婚、産休、育休を経て現在は店長として働かせていただいています。
人に喜ばれることに、何よりもやりがいを感じています。

コロナの影響で令和2年の演劇活動は全て無くなりました。リスクはありますが、芸術文化活動は無くしてはならないと思います。対策をしっかりし、演劇だけではなく音楽、イベント等の活動を応援したいと
考えています。
                                                             (執筆 信川 浩子)

サント・アンは、創業以来、厳選した地元素材を中心としたものづくりを極め、「三福田」「くわばらサブレ」など地元三田をモチーフにしたお菓子を発売されています。信川さんは店長として、限られた時間の中で職責を果たしつつ、子育てやPTA活動、劇団の活動などをしなやかにこなされています。
                                                               (谷口真弥 補記)