person

河村 のどかさん(有高53回)

私は今、知的・身体障害を持つ方とスタッフが少人数で共同生活をする、グループホーム「東条湖の家」で働いています。ここで生活していく時大事なことは、私たちスタッフが手助けをして、障害を持つ仲間が、お互いあたたかい関係を築くことです。そして、ひとりひとりの声に耳を傾け、互いの求めていることや自分にできることをみつけていくことです。

「東条湖の家」は東条湖畔の自然豊かな場所にあります。春はうぐいすが鳴き、夏はヒグラシが大合唱しています。そんな中で仲間たちは、スタッフと共にそれぞれのペースで手芸などの作業、食事のかたづけ、掃除をしています。仲間たちの仕事でもある作業は、週のうち6日、離れにある「作業場」で行います。目の不自由な方はブレスレットやスタンプを押して作るカードを、片手が不自由な方はししゅうを、その他の方は刺し子、ランチョンマットなどを製作しています。そして、作品は教会のバザーなどに売りに行きます。

私たちスタッフは、作業の補助および生活(食事・入浴・歩行)の補助が主な仕事ですが、仲間たちにとって、見守り励ましてくれる『仲間』となることも、大切な仕事です。「東条湖の家」の仲間たちは以前、さまざまな理由で家族から離れ、困難な生活状態におかれていました。しかし、今はこの家で少しずつ心の傷を癒し、自分の中にある可能性を信じ、日々頑張っています。私はそんな仲間たちの成長に、少しでも貢献できればと思っています。

(河村のどか)

(ホーム)「東条湖の家」(作業所)「工房グラティア」〒673-1301兵庫県加東郡東条町黒谷1197-441TEL:0795-47-0863 FAX:0795-47-0782E-Mail: athome-tojoko@water.sannet.ne.jp

booklet