秋の長雨でしたが取材当日は不思議に晴れていて西宮南高校を訪問することとなりました。
教頭として4年間を過ごされていた頃の懐かしくもあり、大変だったこともある思い出話を聞かせてくださいました。
有馬高校で特に印象に残っていることはオリエンテーション合宿で交通安全教室をした事と、文化祭で書道のパフォーマンスや、マレーシアへの修学旅行で生徒と共にスリリングなパラセイリングを体験し、オーストラリアでの数々こと、農場では野菜や花の苗を買ったりして癒やされていたそうです。
普段は電車・バスで通勤され、時には電動クロスバイクでご自宅から武庫川沿いのサイクリング道を1時間かけて通勤。その内有馬高校にも来られるかも知れません。
ご勤務は西宮南高校11年⇢尼崎小田高校9年⇢県立教育研修所1年⇢武庫之荘総合高校3年⇢神崎工業高校3年⇢有馬高校4年⇢伊丹西高校2年⇢西宮南高校2年目で今に至ります。
百二十周年記念の記念モニュメントが浅場校長先生のご推薦で決まりました。鉄枠の赤が特別で世界的に有名なアンソニー・カロがこの様な赤を使ったとのことでした。

最近では体育祭で20メートル走り脹脛を痛め「急に走ったんでねー」と言われ、三田のキーラーゴでライブをして奥田校長先生がドラムでボーカル浅場校長が務められたとか、なかなか楽しんでおられる様子でした。
これから時間が出来たら教育指導や芸術活動をし、有馬にも製作中の作品が完成したら持っていきますとのことでした。

今は奥様と二人の生活です。

帰り際には当時10周年の時に玄関にあるタイル作品デザインは若き日の浅場校長で美術部の生徒と共に制作された物を見せて頂きました。
オープンカー・ルノーのメガーヌに乗っておられてなかなかのオシャレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(執筆 羽渕和美)