兵庫県立有馬高等学校同窓会のページです。

校歌 応援歌

  • HOME »
  • 校歌 応援歌

 

  三田農林学校校歌

(作詞:津倉 春洋/作曲:田中 銀之助)

1.  千五百秋 瑞穂の國は
農をこそ基としつれ
山の幸 野の幸 饒き
彌榮のすめらみ國を
たヽへなん 御民吾等は
2.   かぎりなく 寶藏むろ
土にこそ 深く親しめ
朝夕に愛慕さヽぐる
東瀬のわが學び舎に
身を鍛へ 心修めん
3. 意氣燃ゆる 若き吾等は
まごころとのぞみに充てり
いざ高き 理想かヽげつ
いそしまん學びの道に
果さなん 重き務めを

 

三田農林学校寮歌
【お願い】「三田農林学校寮歌」の作詞・作曲者をご存じの方は、ぜひ清陵会までご連絡下さい。
1. 三田の古城すたるれど 松の緑はいやまして
風に懐古の響きあり 世相うつり人かわり
城も変わりて学び舎の 林間げきにそそり立つ
2. 朝に剣戟人の声 身心兼ねて鍛えつつ
鍬打ちふるう真昼間 流るる汗は国の為
夕べは寮舎の窓にあり 月に向いて吟詠ず
3. 蛍の光窓の雪 点滴石をうがつなり
努め励みてあかつきに 地の利と天の時を得て
大帝国を双肩に にないて立てよ健男子
4. いざやわが友舵とりて 理想の海に棹ささん
怒涛さかまく海岸に 日頃きたえしこの腕を
力の限り試さなん いざやわが友うち出でん
いざやわが友うち出でん

 

三田高等女学校校歌
(作詞:児玉 尊臣/作曲:森脇 顕治)
1. 羽束の高嶺 武庫の流
山は高し 水は清し
學びにいそしむ 少女子の
明け暮れ親む神のさとし
2. 千歳をつくす 一群竹
色もゆかし操も直く
學びにいそしむ 少女子の
あけられ親む教の基

 

有馬高等学校校歌

(作詞:神内 住子/作曲:竹内 平吉)

1. 有馬の連邦の朝あけを
さ霧静かにはれゆきて
武庫の水上水脈光る
旧きをしぬぶ北摂の
山河の幸に育くまれ
学びの園の歴史は栄ゆる

2. 行く雲白き羽束山
美しき姿仰ぎ見る
みどり常磐に新しく
若き世代に伝えつつ
尽きぬ学びの灯のもとに
清き生命の叡智はかをる

3. 天伝ふ日の紅や
久遠の真理輝きて
磨き修むる徳と業
文化の華のかぐはしく
匂う希望の殿堂に
高く理想の旗を掲げむ

 

有馬高等学校応援歌

(作詞:藤野 敬子/作曲:甲斐 しづゑ)

1. ここ北摂の一角に
我等が有馬の雄姿あり
烈日の意気高らかに
若き血潮はたぎり立つ
おお我が有馬の飛翔今

2. 青雲の志にふるい立つ
我が精鋭の行くところ
さえぎる雲もさらになく
まこその勝利輝けり
おお我が有馬の飛翔今

3. 都塵を遠くこの里に
郷土の栄えをにない立つ
我がはらからの雄たけびは
広く天地に轟けり
おお我が有馬の飛翔今

 

百周年記念祝歌

(作詞:片山 みえ子/作曲:梶谷 正治)

1. 輝くひとみの若人が
集いてあしたを築きゆく
今ながき歴史のいしずえを
目守り通して百周年
たたえてここに祝いあり

2. 自信に満ちた笑顔には
大きな夢があふれ来る
今ながき歴史の育みを
見つめつづけて百周年
ほこりてここに祝いあり

3. 朝日まばゆい陽の中で
巣立つ学び舎なつかしむ
今ながき歴史の栄光を
永遠にちかいて百周年
希望てここに祝いあり

 

 

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 清陵会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.