元教頭の楠井先生から知らせて頂き、念願の取材となりました。
担任は豊浦先生で叱られた事もなく、わりと自由にしていて、それを優しく見守って下さいました。しかし授業は厳しかったのを思い出されるそうです。
植田先生には和裁を厳しく教えていただきました。「卒業して大学に行ってから初めて気がついたことがありました。有高の家政科はレベルが高く厳しく仕込んでもらったことが有りがたかったと知りました。大学でも例えば和裁の授業は運針から始まったのですが、もう基礎は出来上がっていたものでしたから簡単でした、教授から浴衣の生地を一反頂き仕上げることになりました」
また豊浦先生に教えていただいた食物の授業も、基礎がキッチっと学べていたので、今も健康栄養学部で管理栄養士養成講座がよく理解でき、その後の学ぶ機会ごとに役に立っているというありがたい事実です。
受験の時には、松井先生に小論文の指導でお世話になったことを覚えています。
卒業の時のメッセージは「あなたに独立独歩の芯の強さがある」と書いて下さったのが記憶としてあるそうです。
クラブは男子バレーボールのマネージャーを頑張りました。学校で合宿したりお世話するのが好きだったので、お茶の用意や洗濯をしたり、試合に付いて行った、その時の友達との交流が今も続いています。
体育祭が楽しかった、応援合戦やバックボード等、準備するのが楽しくて高校生活を満喫した時間だったとお聞きして、
修学旅行は黒姫スキー合宿でした。その時が初めてのスキーがやっと滑れるようになりそれをきっかけに、いまもスキーを楽しんでおられます。インストラクターがかっこよかったこと、いい思い出となりました。

短大でバレーボール部を立上げて、そこで目を付けてもらい体育研究室の助手になりインストラクターになって健康運動指導士の資格を取り栄養について深く勉学することとなり、人前で喋ることも学んだ。

大手前女子短期大学から大手前大学へ就職(2年)し、武庫川女子大学大学院(臨床教育心理専攻)で2年間学び福祉と心理学と教育を勉強し、夜間に働きながら通学されました。

現在、大手前大学アドミッションズオフィス課長、主に学生募集に関わる業務、パンフレット製作。Web サイト運営管理・学園公報業務にたずさわっておられます。

家族は、お母様とプードルの「ハチ」との生活です。

(執筆 羽渕和美)