在学当時は毎日川西市から阪神地区の同級生と通学され本校園芸科卒業後は、
福祉関係の仕事に就職され介護等の仕事に従事されていましたが、
生田君の持ち前の頑張りで無理がたたり腰を痛めて退職。
現在は阪急系の会社で施設のクリーンサービス事業で頑張っておられます。

そんな生田君は、本校園芸科で今は亡き平尾先生の下、勉学に「遊び」に」励まれましたが
在学当時の思い出を訪ねると、30年前ののどかな時代もあり「むちゃができて良かった」と。
同級生の私の記憶では成績も良かったと思います。

私生活では、我々のクラスでも一番早く結婚した方で、福祉の仕事していた20歳の時に
同じ職場で出会った今の奥様と結婚。
27歳のお嬢さんと24歳の息子さんの4人家族で、結婚30周年を目前に幸せな家庭を築いていらっしゃいました。
(執筆:古田尚紀)